日本はまだまだエンジニアの数が少ない国

日本で本格的に活動しているエンジニアの数は、およそ80万人程度だと言われている。
データの抽出の仕方によってその数は上下するが、概ね100万人に満たない程度しか存在していないという説が一般的だ。
最近は在宅ワークで独立して仕事をしているエンジニアも多いので、正確にその数を把握することは基本不可能である。

ただ、世界的に見て少ないのは間違いがない。
アメリカやインド、韓国のようなIT先進国に比べると、エンジニアの数は少ないのが現状である。
エンジニアの数を増やすためには、理系科目に対する苦手意識を義務教育の時代から払拭する必要があるだろう。
パソコンやスマホ、ゲーム機等は子供たちに人気なので、教育さえ変えれば数を増やすことはできる可能性が高い。

また、独立をして仕事をしていけるというメリットを前面に打ち出すのも有効な方法となる。
若者の中には、会社に勤めて上司に叱責されるのが嫌だというタイプの人が多いからだ。
人間関係の構築が苦手だったり、話をするのが苦手だったりする人も増えてきている。

独立をすると仕事内容は会社に勤めているときと大きく変わる。
面倒な人間関係を構築する必要は皆無だし、一日中デスクにかじりついて一人で作業を進めることができて便利だ。

地方在住の若者たちにもいい仕事になる可能性が高いので、こうしたメリットについてよく説明をしておくことも大事だ。
エンジニアの数が増えればIT産業全体が盛り上がり、大きなイノベーションが起こせるかもしれない。